正しい×化学=面白い

化学にまつわること、化学メーカーにまつわること、化学の考え方を技術者視点で発信してます。

天然由来、石油由来の安全性

f:id:marumarru:20190522082259j:plain


どうも、おるなけです。

 


シャンプーなんかの評判をネットで検索すると、天然由来成分だとか、石油化学製品云々と、天然と石油に分けて議論されているのをよく見かけます。


「天然由来成分配合」というフレーズもあるとおり、一定数の方には天然由来成分=安心、安全という認識が広がっているのも事実です。


そこで今回は、天然由来成分と石油由来成分の本質について、化学メーカー技術者としての考えを記載します。

 

 

天然由来成分とは


いわゆる植物等から得られる成分です。まさしく読んで時のごとく、自然に育った植物(人口的に育てた植物も含む)から得られる有効成分を利用したものです。聞いた感じ、体に優しそうです。

 

一方石油由来成分とは

 

ギトギトの石油から化学反応を利用して作った成分です。人工的に作っています。なんか体に悪そうに聞こえます。

 

 

 


上記が皆さんのイメージされる天然由来成分、石油由来成分だと思います。

 

 

 

 

天然由来と石油由来、安全なのはどっち?


安全性の観点から言うと、そもそも分け方が不適切なため、一概に答えられない


どういうことかと言うと、安全性を考える時に大切なことは、それが「何処から作られた」ではなく、「何が作られたか、もしくは何が入っているか」に依存するからです。


極端な例ですが、天然のフグは美味しいですが、死に至る毒を持ってます。
天然の植物、うるしは触ると被れてしまいます。


そりゃ、当たり前だろ。と思われる方が多いと思います。少し的外れかもしれません。


この例で伝えたいのは、フグの毒は天然、人工関係なく人を死に至らせ、漆に含まれる成分は天然、人工関係なく被れるということです。


つまり、私たちにとっての安全性を考える上で重要なのは、その物がいったい何なのか、危ないとしたら何故危ないのかを認識した上で取り扱う必要があるということです。


そのため、天然由来だろうが、石油由来だろうが、まず使っているものの何がどう危険なのかを正しく把握する。その上で使用の可否を判断することが合理的かと思います。

 

じゃあ何を信じるか


自分が納得するものを使う。自己責任で。


信じるのは自分しかいません。前回の記事にも書きましたが、何かあればお医者さんに相談しましょう。

 

tadashii-kagaku.hatenablog.jp

 


また、洗剤であればオーガニック由来を使うのが気持ち的にも言いように思えます。少々値が張りますので、ほどほどがいいかもですが。

 

化学者の私が信じるもの


化学メーカー技術者の立場もありますが、それを抜きにしても、世に出ている製品(洗剤など)が安全だと信じています
なぜなら、製品が世に出るまでいくつものチェックを通り抜ける必要があり、それに合格したもののみが皆さんの手元に届いているからです。

 

 

さいごに


化学メーカーの使命は豊かな社会を造ることです。私が安全だと信じるのは、それぞれの製品に私たちの暮らしを向上を願う、化学メーカーの思いが詰まっているからなのかも知れません。

 

 


では。